わたしの知人は、最近戸建ての競売物件を購入しました。

戸建ての競売物件を見て思う事
戸建ての競売物件を見て思う事

38才、女性のエッセイ : わたしの知人は、最近戸建ての競売物件を購入しました

PAGETITLE
わたしの知人は、最近戸建ての競売物件を購入しました。
いろいろ長く引き受け手がいない物件だったようですが、購入したあとのメンテナンス等が大変だったようです。

これは偶然かもしれませんが、その家を購入後その知人の家では不幸が続きました。
家族の親がなくなり、長期出張が決まり、怪我をしたりすることが多くなったそうです。
その物件がどうして競売物件になったのかの由来等は一切きいていませんが、これだけ不幸というかトラブルが続くと何かあるんじゃないかなと怖くなってしまったそうです。

でも買ってしまったので、手放すのももったいないということで、近所の神社に頼んでしっかりおはらいをしてもらったと話していました。
その結果、いやな出来事などは起こらなくなったようですが、あまりにいやな時期に立て続けにおこったことなのでなにかしら関連性を疑ってしまいます。最初から普通の戸建てを買えばよかったと友人は少しだけ後悔しているそうです。

33才、女性のエッセイ : 競売物件は好き好んで売買に出しているわけではないのです

競売物件は好き好んで売買に出しているわけではないのです。
様々な事情があって、どうしても競売にかけなければいけないという物件でもあります。その物件の事情を考えると、私はとても切なくなります。

しかし、わけあり物件ということになるので、一般的な戸建物件よりもリーズナブルな価格で購入をすることが出来ます。そしてより大切に扱おうという気持ちにもなります。条件が合えば、戸建物件を安く購入することが出来るということで、とてもよいのではないでしょうか。
自分たちで設計をしたり希望をすることを通すことが出来なかったり、デメリットもあります。オーダーメイドにするのが最も良いのかもしれませんが、そうなると予算をオーバーしてしまうことも考えられます。
憧れの一戸建てを購入する際に競売物件を考えてみるのも良いのではないでしょうか?購入をしたいと思う時期に物件が出ていれば、タイミングも良いということになると思います。

おすすめ!

Copyright (C)2014戸建ての競売物件を見て思う事.All rights reserved.